キャッシングで借りたお金の返し方と返済のコツ

自分に合ったお金の返し方をしないと多めに利息を払ってしまったり、反対に返済が苦しくなって延滞や滞納をしてしまうこともあります。

そうした事態を防ぐためにも、自分にピッタリの返済方法を見つけなければいけません。

自分にピッタリの返済方法を見つけるためには、返済計画を立てることが大切です。

返済計画とは「いつまでに完済をしたいか?」「毎月いくら返せるか?」「一番お金に余裕がある日はいつか?」などを具体的に決めることです。

返済計画が立てられれば、計画通りに返済ができるキャッシング会社を決めることが出来ます。

たとえば、早くお金を返したい人なら、返済方式が「残高スライド元利定額リボルビング方式」のキャッシング会社がおすすめです。

各キャッシング会社によって、返済方式や返済期日、最低返済額などが異なります。

お金を借りる際には、各キャッシング会社の返済方法の違いも確認をしましょう。

また、ここでは返済を少しでも楽にするためのコツもご紹介していきます。

たとえば、返済期間によっては低金利の銀行カードローンより無利息キャッシングの方が返済額を抑えられる場合もあることなどです。

そうした返済時のコツも取り入れていくことで、返済負担を少しでも軽くすることができます。

借金を早く返す方法は「繰り上げ返済」「毎月の支払金額を増やす」「節約や副業で得たお金で借金を返す」の3つがあります。借金を早く返済するために、現在の借金の状況を知ることから始めましょう。キャッシングの返済が終わらなくて困っているなら「債務整理」という方法もあります。

キャッシングの返済を延滞したら遅延損害金を支払う、追加のキャッシングができない、長期延滞の記録が残って信用が落ちるなどのデメリットがあります。キャッシングの返済を延滞してしまったときは、まずはキャッシング会社に連絡して、返済について相談しましょう。

最低返済額とは毎月必ず返済しなければいけない最小の金額です。最低返済額が低いほどご自身の収入に合わせた月々の返済額を設定できます。ただし、最少返済額で返済し続けると利息や借入期間が増える可能性もあります。約定返済額より少しでも多く積極的に返済することが大切です。

「無利息」「利子なし」「金利0円」でキャッシングをすれば、返済期間によっては低金利の銀行カードローンより負担を軽くすることができます。ここでは、プロミスやアコム、レイクの無利息キャッシングと金利の低い銀行カードローンの返済額を比較します。

ページトップ
まずは審査する
閉じる