プロミスでお金を借りたい!借り方や金利・審査内容

金利 年4.5%~17.8%
借入限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
融資までの目安 最短即日も可能
お試し診断 あり
  • 銀行
  • フリーター・主婦
  • 専業主婦
  • 無利息期間
  • おまとめ・借換え
  • 担保・保証人不要
  • お試し診断
  • 収入証明不要
  • 30日間無利息サービス実施中!
    ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
  • 毎月の返済額がたった1,000円!
  • 借りるのも返すのも来店不要!
  • 学生、パート・アルバイトでも即日融資も可能!
    ※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ
  • サンクス
  • enet

大手消費者金融のなかで、もっとも金利が低いプロミス。

最低返済額も1,000円からと少額なので、毎月少しずつ返済したい方に、とくにオススメしたいカードローンです。

またプロミスは即日融資にも対応しているので、今日中にお金を借りたい人でも申し込みが可能。

プロミスのアプリローンならカードなしでお近くのセブン銀行ATMからキャッシングができます。

これら以外にも、30日間の無利息期間やスピーディな振込融資の「瞬フリ」など、プロミスでお金を借りるメリットがたくさんあるのです。

そこで今回は、プロミスでのお金の借り方をプロミスのサービス内容とともにご紹介。

プロミスのキャッシングを検討中の方や、すでに契約しているけどより有効にプロミスを活用したい方はぜひ参考にしてくださいね。

プロミスの審査申込条件

プロミスの申し込み条件は、20歳から69歳までの本人に安定した収入のある方としています。

無収入の専業主婦の方や、収入が年金しかない方は申し込みができません

主婦や学生、年金受給者の方でもパートやアルバイトなどで、毎月安定した収入があれば審査を受けることができます。

ただし借入可能な金額は収入によって変わるので、安定した収入はあるけど金額が少ない場合は、借りられる限度額も低くなるでしょう。

プロミスでお金を借りるまでの流れ・手順

プロミスの申し込み方法は、5つあります。

  • スマホやパソコンからのWeb申し込み
  • 電話からの申し込み(プロミスコール)
  • 郵送での申し込み
  • 店頭窓口からの申し込み(お客様サービスプラザ)
  • プロミス自動契約機での申し込み

Webや電話からの申し込みなら、来店不要で申し込むことが可能です

じっくりと検討したい方は郵送での申し込みもいいですが、郵送でのやり取りはどうしても時間がかかってしまうので、お急ぎ方にはオススメできません。

近くにお客様サービスプラザ(店頭窓口)や、自動契約機がある場合は来店での契約もいいでしょう。

プロミス自動契約機

ただ申し込み後に審査の結果が出るまで、少なくとも30分は待たなければなりません。

待ち時間がもったいないと思う人は、申し込みをWebで済ませて、審査結果が出てから自動契約機で契約し、カードを受け取ると効率的です。

カードの受取は必須ではないので、ローンカードが不要だという人は、Webから申し込んで口フリ(口座振替)で契約し、振込融資を受けるかスマホATMでお金を借りるといいでしょう。

Webからの申し込みは24時間受け付けていますが、電話、お客様サービスプラザ、プロミスの自動契約機はそれぞれ受付時間が決まっているので、申し込みの際は注意してください。

申込方法 受付時間
Web 24時間365日
電話 9時~21時(土日祝日可能)
店頭窓口(お客様サービスプラザ) 10時~18時(平日のみ)
自動契約機 9時~21時(土日祝日可能、契約機によって営業時間が異なる)

ここでは、一番効率のいいWeb申し込みの手順を詳しく紹介します。

プロミス公式サイトからの申し込み手順

プロミスはパソコン、スマホから24時間365日Web申し込みができるので、大変便利です。

申し込みは24時間可能ですが、即日融資を希望するなら、申し込み時間に気をつけてください。

プロミスの審査実施時間は9時から21時で、その間に審査通過の連絡がないと即日融資ができません。

審査時間は最低30分かかりますから、余裕をもって20時には申し込みましょう

それぞれの端末から申し込みページへアクセスし、氏名や生年月日、性別、家族構成、住所、勤務先(バイト先)、年収、健康保険証の種類などを入力していきます。

来店せずに即日キャッシングを希望の方は、申込み画面下部にある「ご希望の契約方法」「Web」と選択し、スキャナや携帯・スマホのカメラにて必要書類を提出してください。

すべての項目を入力後、プロミスカードの利用規約に同意すれば申し込み完了です。

最短30分で審査結果と契約可能極度額の連絡がはいります。

審査に通れば、「ATMによる返済」「口座振替による返済」のどちらかの返済方法を選び手続き完了です。

カードレスのキャッシングを希望する人は、口座振替による返済を選択してください。

ローンカードが必要になったときは、契約後でも受け取ることが可能です。

プロミスの審査で必要な提出書類

プロミスには、以下の本人確認書類と収入証明書類の提出が必要となります。

ただし、プロミスからの借入額が50万円以下の方や、プロミスと他社との借入総額が100万円以下の方は原則収入証明書類の提出は必要ありません。

  • 本人確認書類(いずれか1つ)
    • 運転免許証
    • パスポート
  • 収入証明書(いずれか1つ)

    • 源泉徴収票
    • 確定申告書
    • 給与明細書

本人確認書類について、現在の住所と書類に記載されている住所が異なる場合は、以下のいずれかの書類も提出する必要があります。

  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書(発行日から6ヶ月以内のもの)

収入証明書を提出する場合は、源泉徴収書と確定申告書は最新のものを、給与明細書は直近2か月と1年分の賞与明細書をご用意ください。

個人番号(マイナンバー)が記載されている書類を提出するときは、個人番号が見えないようにして提出しましょう。

源泉徴収書と確定申告書は最新のものを、給与明細書は直近2か月と1年分の賞与明細書をご用意ください。

他社からすでにお金を借りていても審査はできますが、申込状況によっては利用できない場合もあります。

プロミスの審査がスムーズに通過するポイント

プロミスの審査をスムーズに進めてもらうためにも、申込み内容は正確に記入してください。

申込者の電話番号やメールアドレス、または勤務先の連絡先の記入ミスがあると、連絡がつかず、スムーズに審査が進められない可能性があります。

とくにメールアドレスを登録するときに、”. (ピリオド)””,(カンマ)” を間違えるなど、 不注意の入力ミスが多いので、注意しましょう。

また故意でなかったとはいえ、年収額や他社借入金額、他社借入件数の数字を間違えてしまうと審査に時間がかかるだけでなく、最悪の場合ウソの内容で申し込んだとして審査に通らないかもしれません。

もちろんわざとウソの勤務先や他社借入件数、年収などを書くと審査には通りません。

お急ぎのときこそ、丁寧かつ正確に記入することが大切です。

また希望限度額が高いとその分審査に時間がかかるので、希望限度額は本当に必要な最低金額を記入するようにしましょう。

ボタン

プロミスからお金を借りる方法

プロミスからお金を借りる方法は、4つあります。

  1. プロミス専用ATMまたは提携ATMからカードでお金を借りる
  2. 口座に振込融資をしてもらう(瞬フリ)
  3. プロミス専用アプリを使って、セブン銀行のATMでお金を借りる(アプリローン)
  4. お客様サービスプラザ(店頭窓口)でお金を借りる

ではこれら4つのキャッシング方法について詳しく見てみましょう。

1. プロミス専用ATMまたは提携ATMからカードでお金を借りる

まずはじめに、ローンカードを受け取ってプロミス専用ATMか提携ATMからキャッシングする方法を紹介します。

プロミスATM

全国にあるプロミス専用ATMなら、利用手数料無料でお金を借りることが可能

専用ATMの営業時間は7時から24時となっているので、21時までに自動契約機などでローンカードを受け取ることができれば、その日のうちにキャッシングをすることもできます(専用ATMの営業時間は店舗によって異なります)。

近くにプロミスの専用ATMがなかったり、専用ATMを使うのに抵抗がある方は提携ATMの利用がオススメです。

三井住友銀行ATMなら、手数料がいつでも無料でキャッシングできます

その他ゆうちょ銀行をはじめとする銀行ATM、セブン銀行やローソン銀行といったコンビニATMでもキャッシング可能なので大変便利です(手数料がかかります。取引金額1万円以下で110円、1万円超えで220円)。

2. 口座に振込融資をしてもらう(瞬フリ)

クレジットカード払いの引き落としや、家賃・公共料金の引き落としに備えてのキャッシングなら、振込キャッシングの方が便利でしょう。

スマートフォンやパソコンでプロミスの会員ページから瞬フリ(振込融資)の手続きができます。

振込先の金融機関によっては24時間、申し込みから最短10秒で振込が可能です

プロミスからの振込融資が24時間可能な銀行5つを例に挙げておきます。

  • 三井住友銀行
  • PayPay銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行

これらの銀行以外の金融機関でモアタイムシステムを導入した金融機関の口座なら、24時間でなくても振込が即時に反映される時間帯が拡大しているはずなので、一度確認してみるといいでしょう。

ただしシステムメンテナンスの時間帯は瞬時に振込融資ができないので注意してください。

曜日 受付時間 振込実施時間
毎週土曜 23時30分~24時00分 翌日8時45分~9時30分頃
毎週日曜 0時00分~4時00分 当日8時45分~9時30分頃
18時50分~24時00分 翌日8時45分~9時30分頃
毎週月曜 7時00分~8時00分 当日8時45分~9時30分頃

ちなみに振込手数料は無料です。

3. プロミス専用アプリを使って、セブン銀行のATMでお金を借りる(アプリローン)

プロミスのキャッシングで便利なのが「アプリローン」です。

アプリローンとは、スマートフォンの専用アプリを使って、セブン銀行ATMからお金を借りるキャッシング方法。

わざわざカードを持ち歩く必要がないので、急にお金が必要になったときにすぐにキャッシングができますし、ローンカードをなくす心配もありません。

24時間営業しているセブン-イレブンのATMを利用すれば、土日祝日や夜中でもお金を借りることができます。

アプリローンの利用方法は以下のとおりです。

  1. 申し込み~契約
    申し込みはアプリからも可能です。
    自動入力機能で簡単に入力でき、必要書類のアップロードもスマホのカメラで写真を撮ってアップロードするだけでできます。
  2. 契約完了
    契約完了の通知が届きます。
  3. セブン銀行ATMでお金を借りる
    セブン-イレブンに行き、ATMの前でアプリを起動しましょう。
    「スマホATM取引」をクリックしたら、今度はATMの画面の「スマートフォンでの取引」をタッチします。
    スマホ画面で出金を選び、ATMの画面に表示されたQRコードを読み取ります。
    あとはスマホに表示された暗証番号を記入し、借入希望額を記入したらキャッシング完了です。

4. お客様サービスプラザ(店頭窓口)でお金を借りる

もしプロミスのキャッシングで不明な点があれば、窓口でお金を借りるのはいかがでしょうか?

わからないことがあればすぐに尋ねることができるので、安心です。

営業時間は平日の10時~18時で、土日祝日は休みなのでご注意ください。

お客様サービスプラザに併設されているプロミス専用ATMは、土日祝日も7時~24時まで利用できます(営業時間は店舗により異なる場合があります)。

ボタン

プロミスへのお金の返し方

プロミスの返済方法は5つあります。

  • インターネット返済
  • 口座振替(口フリ)
  • 店舗窓口(お客様サービスプラザ)
  • プロミス専用・提携ATM
  • コンビニのマルチメディア端末

インターネット返済は、時間に関係なくいつでも返済ができるのがメリットです(毎月第3日曜日0時~6時まで、毎週月曜日0時~7時まではサービスを停止しています)。

返済時には振込手数料もかかりません。

忙しくてなかなかATMに立ち寄れない方や、月末のATMの混雑を避けたい方、ATM手数料の節約をしたい方は、インターネット返済がオススメです。

ただしインターネット返済ができるのは三井住友銀行、三菱UFJ銀行、PayPay銀行、みずほ銀行、楽天銀行の口座を持っている方で、事前にインターネットバンキングの手続きが完了している人に限られます。

返済期日がきちんと守れるか不安な方には、口座振替(口フリ)での返済をオススメします。

口座振替なら毎月の返済額が自動で引き落とされるので、返済し忘れを防ぐことができるのです。

プロミスの専用ATMは土日祝日でも返済が可能で、返済手数料もかかりません。

提携ATMで返済する方もいるかと思いますが、親和銀行、広島銀行、八十二銀行では返済手続きができないのでご注意ください。

コンビニのATMでも返済ができますが、もしファミリーマートで返済をするのであれば、E-netではなくFamiポートといったメディア端末を利用しましょう

ATMですと手数料がかかりますが、メディア端末での返済は手数料が0円です。

プロミスの返済期日

プロミスの返済日は5日、15日、25日、末日の中から選ぶことができます

給料日に近い日を選べば、無理なく返済できるでしょう。

ただし三井住友銀行やPayPay銀行以外からの口座振替は、返済日が5日と決まっているのでご注意を。

もし返済期日が土日祝日や年末年始などプロミスの休業日にあたった場合は、返済期日が翌営業日となります。

返済計画にもとづいて、無理のない返済日をお選びください。

初回の返済期日については、借入日と選択した返済期日によって異なるので注意しましょう。

ご返済期日 お借入日 初回ご返済期日
毎月5日 1日~19日 お借入日の翌月のご返済期日
20日~末日 お借入日の翌々月のご返済期日
毎月15日 1日~末日 お借入日の翌月のご返済期日
毎月25日 1日~9日 お借入日の同月のご返済期日
10日~末日 お借入日の翌月のご返済期日
毎月末日 1日~14日 お借入日の同月のご返済期日
15日~末日 お借入日の翌月のご返済期日

プロミスの最低返済額

プロミスの返済方式は「残高スライド元利定額返済方式」です。

これは返済日の借入残高(現在借りている金額)によって、返済額が変動する仕組みです。

最低返済額は以下の表のように決められています。

借入残高 最低返済額
30万円以下 借入残高×3.61%
30万円超~100万円以下 借入残高×2.53%
100万円超 借入残高×1.99%

最低返済額には1,000円未満を切り上げた金額が適用されます。

たとえば5万円をプロミスから借りている場合、5万×3.61%=1,805円となり1,000円未満を切り上げるので2,000円が最低返済額です。

5万円を借りた場合の最低返済額は、アコムが3,000円、アイフルは4,000円と設定されており、プロミスの最低返済額(2,000円)が他社と比べていかに安いかおわかりいただけると思います。

あくまで最低返済額ですので、これ以上の金額で返済をしても問題はありません。

ボタン

プロミスでキャッシングするメリット

Web完結を利用すれば、プロミスから郵便物は届かない

プロミスカード

基本的にどのカードローンでも、お金を借りるための専用カードの受け取りが必要です。

受け取るには郵便で自宅に送ってもらうか、無人契約機または店舗窓口へ直接取りに行く方法があります。

ですがプロミスなら、ローンカードを受け取らなくてもキャッシングする方法があるのです。

インターネットから申し込みを行い、返済方法を口座振替にし、カード郵送希望なしを選択すればプロミスカードが自宅に届かくことはありません。

郵送物がないので、親や家族にキャッシングがバレることはないでしょう。

お金を借りる時はネットまたはプロミスコールから申請を行い、自分の口座へお金を振り込んで貰うことで、カードレスで気軽に借り入れすることができます(※対象金融機関は200行以上あります)

セブン-イレブンが近くにある人は、アプリローンでセブン銀行ATMからキャッシングをするのもいいでしょう。

返済をするときはプロミスATMの初期画面で「カードなし」を選択し、「氏名、生年月日、電話番号」を入力すれば返済ができるので、わざわざカードを持ち歩く必要はありません。

もちろんカードありでもプロミスを利用することができますので、「カードあり」か「カードなし」どちらかお好きな方をご利用いただけます。

万が一、契約書類やカードを発行してしまっても、プライバシー保護のため差出名は「事務センター」となっていますので、周囲の人に気づかれる可能性は低いです。

プロミスには30日間の無利息期間がある

プロミスには30日間の金利0円期間が用意されています。

はじめてプロミスを利用し、メールアドレスの登録とWeb明細の利用をしていただける方のみが対象です。

Web明細とは、返済額や借入残高などが記載されたプロミスとの取引履歴のことです。

申し込みの際にメールアドレスを登録し、書面の受け取り方法を「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択するだけで無利息サービスが適用されます。

無利息期間が適用されるのは初回借入日の翌日から30日間で、期間内にすべて完済してしまえば利息0円でお金を借りることもできるのです。

プロミスはポイントを貯めれば無利息期間を利用できる

プロミスにはインターネット会員限定で、利用に応じてポイントが貯めれるサービスを提供。

以下の条件によって獲得できるポイント数は変化し、40ポイントで最大60日間提携ATM手数料が無料に、そして250ポイントで7日間の無利息期間が利用できるなど、さまざまなサービスにポイントが還元できます。

条件 獲得できるポイント数
ポイントサービスへの初回登録 100ポイント
プロミス会員サービスへのログイン(毎月1回) 10ポイント
プロミスからのお知らせの確認 5~20ポイント
収入証明書の提出 160ポイント
返済日お知らせメールの通知 1ポイント
取引確認メールの通知 1ポイント
パソコン(または携帯)での書面受け取り 1ポイント

20時までにプロミスの申込手続きを完了させれば即日融資可能

三井住友銀行内

プロミスは、20時までにWeb契約を完了させ、21時までにプロミスの無人契約機からカードを発行すれば、プロミスATMか三井住友銀行ATMからすぐにお金が借りられます。

また、21時までなら三井住友銀行でもプロミスカードを使ってお金を借りることが可能です。

平日はプロミスの専用ATMで、土日祝日は三井住友銀行を利用すれば人目をなるべく避けて借りることができます。

またアプリローンならわざわざローンカードを取りに行かなくても、アプリをダウンロードして、事前に設定しておくだけでセブン銀行ATMから24時間キャッシングできます(メンテナンス時間を除く)。

さらにプロミスなら振込融資での即日融資が可能。

三井住友銀行やPayPay銀行など、振込先口座によっては24時間最短10秒で振り込むことができます。

振込手数料も0円なので、現金を引き出す必要がないなら振り込みでのキャッシングがオススメです。

プロミスには女性専用ダイヤルが用意されている

カードローンの申し込みや取引内容について金融業者に相談する時、男性社員が電話に応答すると怖くて話にくいと感じる女性の方も多いのではないでしょうか?

プロミスではそんな悩みをお持ちの女性のために、女性専用ダイヤル「レディースコール」を用意しています。

レディースコールでは、女性オペレーターが電話対応してくれるので、女性の方も安心して相談することができます。

ちなみにプロミスは女性用カードローン「レディースキャッシング」という金融商品も用意していますが、内容は通常のプロミスカードローンと変わりません。

ボタン

プロミスでキャッシングするデメリット

プロミスの利息は高くなりやすい

プロミスの最低返済額は、消費者金融のキャッシングサービスの中でも最安の返済額です。

毎月の返済額が少ないので、利用者の負担はずいぶんと軽くなりますが、その分元金がなかなか減っていかないので、返済期間が延びていきます。

返済期間が長いほど利息額は増額していくので、その結果他のカードローンよりも多くの利息を払う可能性が高いのです。

また人は、毎月の返済額が少ないと負担に思えず、「まだ余裕がある」と思い込んで借入額を増額してしまう傾向があります。

そしていつの間にか首が回らないほど借金が増えて債務整理(任意整理、個人再生、自己破産)に陥ってしまうこともあるのです。

プロミスへ返済するときは、なるべく一回の返済額を多く支払い返済期間を短くすることを心がけましょう。

プロミスは元々の金利が低く設定されているので、上手く返済計画を立てれば消費者金融内で最も利息を安くすることができます。

プロミスは返済日を自分で決められない

大手消費者金融のアコムは、毎月の返済日を申込者本人が指定することができます。

一方プロミスでは5日、15日、25日、末日の4日の中からしか選択できません。

約10日ごとに約定期日(返済日)を設けられているので不便ではありませんが、どうしても自分の決めた返済日でないと困る方はアコムへの申し込みをおススメします。

プロミスの評判・口コミ・体験談

僕はまだ大学生でアルバイトだったので、プロミスで借りれるかどうなのか不安でした。

お金の使い道は就職活動での移動費や宿泊費です。

本当はあまり金融機関から借りたくはなかったのですが、奨学金を利用せず親に学費を払ってもらっていたので、これ以上親に負担をかけたくなくて仕方なく3万円借りることにしたのです。

実家暮らしなので、親に借金をしていることがバレないか心配しましたが、サイトで全て申込みをしたので自宅に封筒が届くこともありませんでした。

(飲食店アルバイト 20代男性)

仲のいいママ友とホテルのフルコースを食べることになって、1万円を借りることにしました。

プロミスへの申し込みは初めてで、やり方や必要書類が分からず何度もプロミスの窓口へ問い合わせをしました。

電話に応対してくださったのは女性の方で、とても柔らかい口調で丁寧に教えていただいたので助かりました。

(サービス業 30代女性)

プロミスでのお金の借り方まとめ

長年の実績や審査経験が豊富なプロミスは、キャッシングサービスの中でも安心して利用できるカードローンです。

プロミスの金利は銀行カードローンよりも高くなってしまいますが、少額融資なら利息の負担に大きな違いはないので、金利だけで判断するよりその他のサービスも一緒に検討することをオススメします。

プロミスのサービスのいい点は、専用のローンカードがなくてもキャッシングができるということ。

アプリローンを活用すれば、お近くのセブン銀行ATMからスマホひとつでお金を借りることができます。

さらにプロミスのサービスで注目したいのは30日間の無利息サービスです。

他社では契約日の翌日から30日のカウントが始まるのに対し、プロミスは「初回借入日の翌日から」となっているので、契約を先に済ませて好きなタイミングでお金を借りても、30日間の無利息期間を1日も無駄にすることはありません。

ただプロミスでお金を借りるなら、返済額に注意してください。

プロミスは最低返済額が低めの設定なので、キチンと返済計画を立てて多めに返済しないと、返済期間が長くなり、利息を多く払うことになります。

プロミスの公式サイトなら、返済シミュレーションができるので、申し込む前に返済計画を立てることもできますよ。

また審査に通るか心配な人は、「お借入れシミュレーション」でプロミスのキャッシングかできるかどうか、確かめてみましょう。

ボタン
ページトップ
まずは審査する
閉じる