無人契約機(自動契約機)でお金を借りる方法!審査の流れや使い方

自動契約機(無人契約機)でキャッシング審査の申し込みをしたくても、申込方法や契約機の使い方が分からないと店内に「入りづらい」と感じる方もいるでしょう。

自動契約機内は完全個室で、また申し込みを始めると内側から鍵をかけることができるので、誰かに申し込み姿を見られたり、他人と鉢合わせになることがありません。

また無人契約機の審査時間は非常に短いので、即日融資を受けたい方でも安心してご利用いただけます。

ここでは、自動契約機(無人契約機)の審査の流れや使い方についてご紹介します。

自動契約機(無人契約機)の使い方や審査の流れ

自動契約機はキャッシング会社によって形が少し違うため、使い方もそれぞれ異なります。

プロミスやアコム、SMBCモビットなどほとんどのキャッシング会社の自動契約機は銀行ATMのようなタッチパネル式になっています。

アコムむじんくん画面

画像:アコムむじんくんの画面

タッチパネル式の自動契約機なら、画面に表示されている指示に従って必要項目の入力や手続きをしていけば申し込みが完了です。

一方、アイフルはスキャン機能付きの印刷機と電話だけが用意されています。

アイフルの契約ルーム

画像:アイフル契約ルーム

あらかじめ用意されている申し込み用紙にボールペンで直接個人情報を書き込んで、スキャナーでその用紙を読み込ませて申し込みを行います。

アイフル申込用紙

画像:アイフルの申込用紙

そのため、手軽さを求めるならアコムやプロミス、SMBCモビットのタッチパネル式契約機がオススメですが、機械が苦手という方はアイフルの方が申し込みやすいでしょう。

ちなみに、どのカードローンの自動契約機内にも必ず担当スタッフと繋がる電話が設置されていて、分からないことがあればいつでも相談できるので誰でも安心してご利用いただけますよ。

自動契約機で入力する情報

自動契約機では、基本的に以下の情報の入力を求められます。

  • 氏名
  • 性別
  • 年齢
  • 既婚者かどうか
  • 家族構成
  • 会社名
  • 住所
  • 他社借入状況

間違った情報を入力したり、偽って申し込みをすると、確認のためにキャッシング会社から申込者の携帯に電話がかかってきたり、最悪の場合、審査落ちになることもあるため正しい情報を入力するようにしてくださいね。

また、契約機内には何箇所もカメラ設置されていて、申込者に挙動不審な動きがあると審査に落ちる可能性もあります。

契約機内は無人で、誰にも見られていないからといって適当な対応をせずに、印象を損ねないように真面目に審査を受けるようにしましょう。

自動契約機での必要書類の提出の仕方

基本的にキャッシング審査は、運転免許証やパスポートなどの顔写真付きの本人確認書類だけで申し込みはできます。

ただし、一定の金額を超えると本人確認書類の他に収入証明書も提出しなければならないので、必要な方は契約機に向かう前に収入証明書も用意しておいてください。

例えば、アコムの場合は借入希望額が50万円以上だと収入証明書の提出が必要です。

つまり、5万円や7万円程度の小額融資なら、運転免許証さえあればお金を借りられるので、急いでお金を借りたい人は収入証明書の提出が必要になる金額を超えないように必要最低限の金額で申し込むことをオススメします。

自動契約機にはスキャナーやファクシミリが設置されていて、それらで必要書類を読み込ませれば自動的に画像データがローンセンターにいる審査担当者の元へ届く仕組みです。

自動契約機の審査時間は早くて30分以内に終わる

個人情報の入力や書類の提出など全て終われば、まず申込情報に間違いはないか確認するために、個人信用情報機関(CIC、JICC)に問い合わせをしたり、申込者の会社に電話をかけて在籍確認を行います。

最短30分後に審査が終わり、契約機の画面上に審査結果が表示されます。

審査に通り、契約機からローンカードを受け取れば隣接しているATMすぐにお金を引き出せます。

早ければ1時間以内には現金を受け取ることができるで、融資までの時間がとても短いのが自動契約機を利用する大きなメリットです。

審査が終わるまで契約機内で待つ必要がある

審査の早い自動契約機ですが、利用するデメリットとして、審査結果が出るまでは基本的に店舗内で待つ必要があります。

そのため、せっかく30分待っても審査に通らなければ、無駄に時間だけが過ぎることになってしまいます。

また、自動契約機の営業時間内に申し込みに行かなかければ、翌日の朝まで契約機で申し込みすることができません。

待ち時間を無駄にしないためにも、インターネットの公式サイトから申し込んで、自動契約機でカードを受け取ることをオススメします。

インターネットで申し込んで契約機でカードを受け取る方法

公式サイトは24時間いつでも申し込みが可能なので、自分のスケジュールに合わせることができます。

また、インターネットからの申込手続きは10分程度で完了するので、仕事の昼休みの間や買い物途中などのちょっとした時間でお申し込みいただけますよ。

免許証などの必要書類はスマートフォンなどのカメラ機能を使って撮影をして、公式サイトかアプリで撮影した画像を提出します。

メールか電話で審査通過の連絡が来たら、自動契約機の営業時間内にカードを受け取って、隣接するATMや銀行ATM、コンビニATMからお金を引き出せます。

土日も申し込み可能!自動契約機の営業時間

自動契約機の営業時間は、以下の表のようにそれぞれのカードローンで異なります。たとえば、プロミスの営業時間は9時から21時まで(※契約機により営業時間が異なる)となっています。

プロミスの自動契約機 9時から21時(※契約機により営業時間が異なる)
SMBCモビット(三井住友銀行ローン契約機) 9時から21時 ※営業時間は店舗により異なります。
アコムの無人契約機 9時から22時
アイフルの自動契約機 9時から21時
レイクALSAの自動契約機 平日・土曜 8時から24時
日曜・祝日 8時から22時
第3日曜日 8時から19時

自動契約機は平日だけではなく、土曜日や日曜日、祝日でも営業しているので、いつでもご利用いただけます。

インターネットから申し込む際も、審査回答までは最低でも30分程度かかるので、審査時間を考慮して受付終了の1時間前には申し込みを始めてくださいね。

お急ぎの方は審査通過率の高いアコムがオススメ

どこのカードローンも自動契約機(無人契約機)があるので、即日融資が可能です。

しかし、審査に通らなければもう一度別のキャッシング会社に申し込む必要があるので、お金を借りるまで時間がかかってしまいますよね。

審査の甘いキャッシング会社でもご紹介しましたが、アコムの審査通過率は他のどのカードローンよりも高く比較的通りやすいと言えます。

「審査に落ちたくない」「早くお金を借りたい」という人は、アコムの無人契約機(無人くん)を利用するといいでしょう。

自動契約機の設置してある場所はプロミスが一番多い

自動契約機やローン契約機は主要駅の付近や幹線道路沿いなどに比較的多く設置されていますが、各カードローンによって契約機の設置台数は異なります。


プロミスの自動契約機 1,129台
アコムの無人契約機 1,069台
アイフルの自動契約機 910台
レイクALSAの自動契約機 779台
SMBCモビット(三井住友銀行ローン契約機) 400台
三井住友銀行のローン契約機 750台

2016年12月現在

上記の表のように、プロミスの自動契約機台数は他のどのカードローンも多くて、また三井住友銀行内のローン契約機も利用できるため、一番申し込みがしやすいでしょう。

SMBCモビットにも対応している三井住友銀行ローン契約機では、事前にウェブから審査に申し込んでおくことでスピーディーにモビットカードが発行されます。審査結果はメールで回答されるので、審査回答まで自動契約機内で待つ時間を少なくすることができます。早くカードを受け取りたい方は、SMBCモビットが一番オススメですよ。

アイフル無人契約機(てまいらず)は、タッチパネル式の機械ではなく、電話とスキャナーが設置してあり、紙の申込書類を使って申込を行います。そのため、機械の操作が苦手という人や電話で相談しながら申込をしたいという方に特にオススメです。

レイクの自動契約機(無人契約機)の営業時間は24時までですが、即日融資を受けるには21時までに申し込みを完了させておく必要があります。自動契約機の設置場所は上位階などが多いので、中に入る姿を誰かに見られる心配はありません。お気軽にご利用いただけますよ。

プロミス自動契約機(無人契約機)の設置台数はキャッシング会社の中で最も多く、誰でも手軽にお申し込みいただけるのが特徴です。また、三井住友銀行内のローン契約機(ACM)もご利用いただけます。営業時間も長く、仕事終わりなどの夜遅くでも即日融資を受けることができます。

アコムの無人契約機(むじんくん)の営業時間は9時から21時までで、審査時間は最短30分なので即日融資も可能です。また、駅前や国道沿い、三菱UFJ銀行の店舗内などが主な設置場所なので、どなたでも必要な時に気軽に利用できます。ここではアコムの自動契約機(むじんくん)の借り方や審査の流れなどをご紹介します。

ページトップ
まずは審査する
閉じる