三井住友銀行 カードローンでお金を借りたい!借り方や金利・審査内容

三井住友銀行カードローン
金利 年1.5%~14.5%
借入限度額 10~800万円
審査時間
融資までの目安
お試し診断 なし
  • 銀行
  • フリーター・主婦
  • 専業主婦
  • 無利息期間
  • おまとめ・借換え
  • 担保・保証人不要
  • お試し診断
  • 収入証明不要
  • 借入限度額は10~800万円!
  • お借入やご返済は、コンビニのATMをご利用いただくことも可能です。
  • 三井住友銀行の普通預金口座の開設不要!
  • クレカのリボ払いを借り換えることで金利が下がる!
利用可能なコンビニ
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ
  • サンクス
  • enet

3大メガバンクの三井住友銀行は、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(消費者金融プロミス)を子会社化して、キャッシング審査を委託しているので、審査結果表示まで銀行カードローンの中でもっとも早いと言われています。

また銀行ならではの金利で10~800万円まで借りられる三井住友銀行 カードローンは、高額融資から小口ローンまで、幅広い方にお使いいただける唯一のキャッシングサービスと言えます。

ここでは、三井住友銀行 カードローンの借入までの流れや返済方法、メリット・デメリットをご紹介します。

三井住友銀行 カードローンの審査申込条件

三井住友銀行 カードローンに申し込めるのは、満20歳から満69歳以下で、安定した収入のある方です。

収入があれば派遣社員、アルバイト、パートの方でも申し込みができます。

ただし、無職・無収入の専業主婦の方、年金収入だけの方、過去に自己破産や債務整理などのブラック情報のある方は申し込みができません。

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が保証を行いますので、担保や保証人、親の同意書を用意しなくとも利用していただけます。

借りたお金の使いみちは、事業用資金でなければ基本的には自由です。

三井住友銀行 カードローンからお金を借りるまでの流れ・手順

三井住友銀行へキャッシングの申し込み方法は次の3つです。

  • インターネット【最速!】
  • ローン無人契約機(ACM)
  • 電話(カードローンプラザ)

インターネットからの申し込みはメンテナンス時(毎月第2月曜日 午前1時~5時)を除き、24時間申し込み可能です。

すでに三井住友銀行の普通預金口座を持っている方は、「当行の口座をお持ちの方はこちら」というボタンから申し込みましょう。

電話(カードローンプラザ)と三井住友銀行内のローン無人契約機の営業時間は、平日・土日ともに9時から18時(※12月31日から1月3日を除く。契約機により営業時間、休日が異なります)まで利用可能。

三井住友銀行内

画像:三井住友銀行内

審査が開始されると信用情報機関(日本信用情報、CIC)へ金融事故情報がないか問い合わせ、申込者の勤め先に在籍確認(電話連絡)を行います。

勤務先への電話連絡時に申込者が直接出る必要はなく、電話に出た人との会話で申込者の在籍が確認できれば、在籍確認完了です。

また本人以外の人が電話に出た場合はキャッシングに関して一切口外しないので、カードローンの利用が社内の人に知られることはないでしょう。

「インターネット」「無人契約機」「電話」の3つの申し込み方法の中で、もっとも早く審査結果が通知されるのはインターネットからの申し込みとなるため、ここではインターネットからの申し込みの手順を紹介します。

三井住友銀行 カードローンをWebから申し込む手順

三井住友銀行 カードローンをWebから申し込む手順は、以下のとおりです。

  1. 申し込み画面から必要事項を記入
  2. 本人確認書類の提出
  3. 電話またはメールにて審査結果の連絡(最短翌日)
  4. ローン専用カードの受け取り(自動契約機または郵送)
  5. 三井住友銀行 カードローン利用開始

まずパソコンまたはスマートフォンを使って、三井住友銀行の公式サイトから申し込みを行いましょう。

専用の申込フォームから住所、電話番号、勤務地、職種などを入力し情報を送信します。

申し込み記入時にローン専用カードの受け取り方法を選べる項目がありますので、翌日にお金を借りたい方は「三井住友銀行内のローン契約機(ACM)でのカード受け取り」をお選びください。

本人確認書類(運転免許証など)の提出が必要なので、手元に準備しておきましょう。

申し込みから最短で翌営業日以降に審査は完了し、電子メールまたは電話にて審査結果が連絡されます。

審査結果の通知は9時から21時まで(12月31日から1月3日を除く)に行われるので、21時が過ぎたら翌日以降に審査結果が知らされます。

郵便でカードを受け取る方は、送られてくる封筒に必要書類を入れて返送し、ローン契約機で受け取る方は、契約書類を三井住友銀行内のローン契約機で提出してください。

提出必要書類

三井住友銀行のキャッシングサービスを利用するには、「本人確認書類」の提出が必須です。

本人確認書類(以下、現住所が記載されている本人確認書類のコピー2点)

  • 運転免許証(住所変更などがある方は両面)
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード(顔写真アリ)
  • 健康保険被保険者証(両面共)

申し込みの際の注意点

申し込みの際には、住所、電話番号、メールアドレスなどに間違いがないかよくご確認ください。

また、年収を実際の金額より高くしたり、他社借入件数・借入金額を少なく記入してはいけません。

少しでも間違いや虚偽、嘘の情報があると、確認のため審査時間が大幅に延びたり、審査落ちの可能性もあります。

ボタン

三井住友銀行 カードローンからお金を借りる方法

三井住友銀行借りるの借入金額、10万円~800万円のうちの限度額内なら自由にお金を借りることができます(事業目的の利用は不可)。

三井住友銀行 カードローンの借入方法は、ATM、SMBCダイレクト(インターネットバンキング・モバイルバンキング・テレフォンバンキング)、自動融資(バックアップ)の3つの借入方法を用意しています。

それぞれの借入方法について、くわしく見てみましょう。

三井住友銀行ATMまたは提携ATMからお金を借りる

三井住友銀行 カードローンは、三井住友銀行の専用ATMはもちろんのこと、E-net ATM(主にファミリーマートに設置)、ローソン銀行ATM、セブン銀行ATMといったコンビニATMでも利用可能。

さらに三井住友銀行ATMと上記のコンビニATM、そしてゆうちょ銀行ATMは手数料無料でお金を借りることができます。

提携金融機関のATMでもカードは利用できますが、所定の利用手数料・時間外手数料が必要です。

ちなみに、すでに三井住友銀行の普通預金口座をお持ちの方は、ローンカードを受け取らなくてもお手持ちのキャッシュカードですぐにお金を借りることができます。

審査結果の連絡が来たら、自動契約機に行かず直接ATMに行ってキャッシングしてください。

SMBCダイレクトでお金を借りる

三井住友銀行の「SMBCダイレクト」は、スマホ・パソコンから残高照会や振り込みといった取引ができるサービスです。

三井住友銀行の普通預金口座をお持ちの方で、SMBCダイレクト(インターネット、モバイル、テレホン)を契約している方は、インターネットもしくは電話を使って、自分の普通預金口座へ振込融資をしてもらえます。

口座からの引き落としに備えたキャッシングなら、ATMからローンカードで現金を借りて口座に入金するよりも、直接口座に入金してもらう方が手間がかかりません。

スマホアプリなら生体認証を採用しているため、セキュリティ面も安心です。

※毎週日曜21時~月曜7時の間はメンテナンスのため利用できません。

自動融資(バックアップ)でお金を借りる

自動融資(バックアップ)は、三井住友銀行の普通預金口座を持ち、その口座をカードローンの返済用口座として設定している方が利用できます。

口座内の残高が足りず、公共料金、クレジットカードの支払いなどで自動引き落しができない場合、不足金額をカードローンから自動で入金されるサービスです。

後日、カードローンを利用して銀行から借りたお金を返済すれば、滞納や延滞でガス・電気・水道やクレジットカードが利用停止になることはありません。

自動融資を利用するには、事前に三井住友銀行窓口か銀行内のローン契約機(ACM)での手続きが必要となります。

ボタン

三井住友銀行 カードローンへのお金の返し方

三井住友銀行で利用できる返済方法はATMでの返済、振込み返済、口座振替の3つです。

返済に利用できるATMは、借入時と同じ三井住友銀行ATM、提携コンビニATM、ゆうちょATMで、返済の手数料も無料となります。

振込み返済は、無料ATM以外の金融機関から三井住友銀行へ振り込みを行う返済方法で、規定の振込手数料がかかります。

口座振替とは、毎月指定返済日に自身の普通預金口座から自動的に返済金額が支払わられるサービスです。

ただし、口座振替を利用するには、三井住友銀行の普通預金口座を開設している必要があります。

返済期日(約定返済日)

三井住友銀行 カードローンの約定返済日は、毎月の5日、15日、25日、月末より選ぶことができます。

毎月の返済期日までに、最低返済額以上のお金を三井住友銀行へ返済してください。

口座振替をご利用の方は、毎月の指定日に最低返済金額分しか返済されません。

追加で支払いたい、繰り越し・臨時返済を行いたい方はATMか銀行振り込みをご利用ください。

キャッシングサービスの利用残高や利息額などは、カードローンプラザへの電話、三井住友銀行ATM、SMBCダイレクト(インターネットバンキング)で照会・確認できます。

三井住友銀行 カードローンの適用金利

三井住友銀行 カードローンの金利は、年率1.5%~14.5%です。

変動金利制で、契約限度額(借入限度額)によって金利が以下の表のように変化します。

契約限度額 金利(実質年率)
100万円以下 年12.0%~14.5%
100万円超から200万円以下 年10.0%~12.0%
200万円超から300万円以下 年8.0%~10.0%
300万円超から400万円以下 年7.0%~8.0%
400万円超から500万円以下 年6.0%~7.0%
500万円超から600万円以下 年5.0%~6.0%
600万円超から700万円以下 年4.5%~5.0%
700万円超から800万円以下 年1.5%~4.5%

借入限度額で金利が決まるので、同じ金額を借りたとしても、限度額が50万円の人と100万円の人とでは、適用される金利が異なるということです。

滞納や延滞などで返済が長期間に渡り滞った場合は、遅延損害金として借入残高に対して19.94%の損害金が毎月の返済に加算されます。

また、三井住友銀行の住宅ローンを利用しており、滞納などがない方は、上記の金利をさらに低くすることが可能です。

最低返済額

三井住友銀行 カードローンは「残高スライド方式」という返済方式を採用しています。

返済時点での借入残高(借りている金額)によって、その月の返済金額が決定される返済方式です。

返済金額は以下の表のように変化します。

返済時点の借入残高 最低返済金額
2千円未満 利息と借入金の合計金額(上限は2千円)
2千円以上50万円以下 借入額が10万円以下の場合、返済額は2,000円
以降、借入残高が10万円増すごとに2,000円を追加
50万円超から300万円以下 60万円以下の場合は11,000円
以降、借入残高が10万円増すごとに1,000円追加
300万円超から500万円以下 350万円以下の場合は40,000円
以降、借入残高が50万円増すごとに5,000円の追加
500万円超から800万円以下 600万円以下の場合は60,000円
以降、借入残高が100万円増すごとに5,000円追加

毎月忘れずに最低返済金額さえ返済していればとくに問題はありませんが、総利息額を安くするためには、お金に余裕があるときに多めに支払うことが大切です。

キャッシングの際には返済シミュレーションを使ったり、返済計画書を作るなどして、無理なく計画的な返済を心がけるようにしましょう。

三井住友銀行 カードローンでキャッシングするメリット

審査から融資までが早い

銀行カードローンは金利が低く、借りられる金額が高いというのが大きな魅力ですが、審査結果が出るまでかなり時間がかかるというのが難点です。

また口座開設が必要な銀行カードローンもあり、口座開設を含めると1週間はお金を借りることができないでしょう。

三井住友銀行 カードローンなら、普通預金口座の開設が不要で最短翌営業日には審査結果の通知が届きます。

審査時間が短い理由は、三井住友銀行の代わりにSMBCコンシューマーファイナンスが審査を行っているから。

すでに三井住友銀行の普通預金口座を持っている方は、手元のキャッシュカードがローンカードとして使えるので、わざわざローンカードを取りに行かなくても、審査結果が出たらすぐにお金を借りることができます。

三井住友銀行 カードローンは、銀行カードローンの中でも1、2位を争う審査スピードと言えるでしょう。

手数料無料で使えるATMが多い

三井住友銀行 カードローンは三井住友銀行ATMだけでなく、コンビニATM(E-net ATM、ローソン銀行ATM、セブン銀行ATM)、ゆうちょ銀行ATMの手数料も無料です。

三井住友銀行は全国に400店舗以上あり、行内ATMは8時から23時まで利用できます。
夜遅くまで利用できるので、会社帰りにもキャッシングができてとても便利です。

銀行カードローンでは珍しいローン契約機が設置してある

アコムやアイフルといった消費者金融は、全国各地にローン契約機が設置してあり、契約機を使ってカードローンの申し込みやローンカードの受け取りができます。

一方銀行カードローンは一般的に自動契約機がなく、インターネットから申し込み、ローンカードを郵送で受けとるため、実際にATMでお金を借りるまで1週間はかかっていました。

ですが三井住友銀行はローン契約機の登場でより早くカードを受け取れ、お金を借りられるようになりました。

三井住友銀行は銀行内にテレビ電話形式ローン契約機(ACM)を設置しているので、カードの受け取りだけでなく申し込みもできます。

消費者金融では無人契約機を良く見かけますが、銀行キャッシングサービスでローン契約機を設置している所は数少ないです。

三井住友銀行の普通預金口座を新たに作る必要がない

多くの銀行が、キャッシング利用時に返済用の普通預金口座を開設する必要があります。

申込先の銀行口座を持っていない方にとって、「ムダなキャッシュカードが増える」「普段使いしていないため返済を忘れがちになる」といった大きなデメリットになるのです。

その点、三井住友銀行はわざわざ新しく普通口座を開設する必要はなく、カードローンだけの利用も可能です。

ボタン

三井住友銀行 カードローンでキャッシングするデメリット

三井住友銀行の普通預金口座がないと利用できないサービスが多い

自身の預金口座からの引き出し・預け入れ時のATM時間外手数料が無料になるサービスや、口座から自動で返済してくれる口座振替など、すでに三井住友銀行の口座を持っている方にとって、メリットばかりのキャッシングサービスと言えます。

しかし、そうした便利なサービスを利用するには、三井住友銀行の普通預金口座が必要となります。

口座を作らなくてもキャッシングは出来ますが、より利便性を求めるのであれば、三井住友銀行の普通預金口座の開設をオススメします。

三井住友銀行 カードローンは即日融資ができない

三井住友銀行 カードローンは、申し込んだその日にお金を借りることはできません。

なぜなら銀行カードローンの場合、申込者の情報を警察庁のデータベースに照会しなければならず、照会の結果が返ってくるまでに1日、2日程度かかるからです。

どうしても当日にお金を借りたい人は、消費者金融のカードローンに申し込むことをオススメします。

三井住友銀行の評判・口コミ・体験談

高度経済成長期のバブル時代は、銀行やサラ金からお金を借りるのが当たり前でした。

やがてバブルが弾け、失われた10年に突入したとき、多くの友人が闇金に手をだし、借金を返せずに自己破産していく姿を見て「俺は絶対借金などしない」と心に決めたのです。

しかし先月、癌のため母親が亡くなり、その葬儀をあげることになったのです。

資金が足りなかった私は仕方なくお金を借りることにしました。

バブル崩壊時の経験もあり、消費者金融からは何としても借りたくなかったので、大手銀行の三井住友銀行を利用することに。

消費者金融に比べて金利が低く、ATM手数料も無料で返済がまったく苦ではありませんでした。

(製造業 50代男性)

電子ピアノを購入しようと思い、普段から使い慣れている三井住友銀行からお金を借りることにしました。

平日の月曜日にスマホで申込んだのですが、次の日には審査結果がメールで届いていました。

仕事を終え20時に退社し、そのままその足で新宿3丁目にある新宿通り支店でカードを発行しました。

行内の契約機が21時まで営業していたので本当に助かりました。

仕事終わりでもパパッとカードが発行できるよいサービスだと思います。

(OL 30代女性)

三井住友銀行の住宅ローンを使って、昨年6月に世田谷区に住宅を購入いたしました。

結構な金額を家のために使ったので、緊急時で生活費が足りなくなる時のためにと、同銀行のカードローンにも加入しました。

住宅ローンを利用していると、カードローンの金利が安くなるようで。

金利が抑えられて嬉しい限りです。

(商社 30代男性)

三井住友銀行 カードローンのまとめ

銀行ならではの金利で10~800万円まで借りることが出来るという銀行カードローンは、ほとんどありません。

10万や20万円などの小口ローンだけでなく、300万円超の大型融資にも対応でき、リボ払いの借り換えとしても十分利用できます。

すでに三井住友銀行の普通預金口座をお持ちの方は、最高のサービスを受けられるでしょう。

「カードローンプラザ」という無料の電話相談窓口を設けており、借入・返済トラブルが未然に防げ、アフターケアが行き届いている三井住友銀行は誰でも安心してお使いいただけます。

ボタン
ページトップ
まずは審査する
閉じる