30日間無利息!土日祝日も即日融資OK!

5万円を今すぐに借りる方法!少額融資は無利息キャッシングができるカードローンがおすすめ

「今月は出費が多くて、生活費が足りなくなってしまった・・・」

「どうして限定品のバッグが欲しい・・・あと5万円あれば買えるのに!」

「週末に結婚式があること忘れてた!ご祝儀を用意しなければならないのに、現金がない!」

このように「今すぐに5万円が必要!」という方も多いですよね。

ご両親や友人に頼んで貸してもらえたらよいですが、なかなか言いづらいですし、「お金にルーズな人」と思われて、関係が悪化してしまうかもしれません。

5万円借りたいけど、誰にも頼めないという方は、カードローンのキャッシングがおすすめです。

カードローンなら保証人不要で、誰かにお願いすることなくお金を借りることができます。

今回は、すぐに5万円借りる方法をご紹介します!

すぐに5万円を借りたいという方は、消費者金融のカードローンを利用しましょう

現金で5万円を用意する方法はいくつか考えられます。

  • 誰かに借りる
  • フリマアプリを使って持っているものを売る
  • クレジットカードのキャッシング枠を利用する

誰かにお金を借りるのは精神的な負担が大きいですし、「何に使うの?」「いつ返してくれるの?」とあれこれ聞かれるのも面倒です。

フリマアプリで不用品を売ればお金になりますが、5万円分を売ろうと思うと時間もかかるし、お金が手元に来るまでの時間もかかるため、お急ぎの方にはおすすめできません。

クレジットカードを持っている方はキャッシング枠を利用するという方法もありますが、まだ持っていない方は申し込み、審査、受け取りも含めて1週間ほどかかります。

場合によっては、審査が下りずにクレジットカードが作れないなんてこともありえます。

これらのことを踏まえて、5万円を借りるなら消費者金融のカードローンがおすすめです。

5万円を借りるならカードローンを利用するべき5つの理由

1. 無利息期間がある

消費者金融のカードローンのなかには、銀行カードローンと異なり初回契約の方に無利息期間を設けているキャッシング会社があります。

無利息期間はキャッシング会社ごとに異なりますが、無利息期間内に全額返済できれば利息なしで5万円を借りることもできるのです。

無利息期間のあるキャッシング

2. 収入証明書類の提出が不要

お金を借りる際に収入証明書類の提出を求められることがあります。

消費者金融の場合、50万円以上の借入または他社の借入を含めて100万円以上の場合に提出が求められることが多いため、5万円だけ借りる場合は対象外となる可能性が高いのです。

収入証明書が不要なキャッシング

3. 少額融資だから審査に通りやすい

10万円以下の少額融資と100万円という高額融資では、審査の厳しさに違いが出るのは当然ですよね。

もちろん、すでに他社で多額の借入をしていたり、過去に長期滞納した事実がある場合は審査に通らない可能性が高いです。

ですが返済履歴に問題がなく毎月一定の収入があれば、審査もスムーズに通り、5万円を借りることができるでしょう。

4. 最短即日融資も可能

5万円という少額融資なら、消費差金融のカードローンを利用すれば審査は最短30分、最短即日の融資も可能です。

Webで申し込みを済ませたあと、自動契約機で契約すればその場でローンカードを受け取ることができ、近くのATMですぐに5万円を引き出すことができます。

また最近では来店不要で、カードレスの振込融資ができる消費者金融もあり、Webで契約した後すぐに指定の口座に5万円を振り込んでもらうことも可能です。

即日キャッシング一覧

5. 友人や親に頼むより、精神的にラク

消費者金融のカードローンなら、保証人不要で5万円を借りることができます。

これにより、親や友人との金銭トラブルを避けることができますね。

5万円を借りるなら無利息期間のある消費者金融が断然おすすめ!

5万円のキャッシングをする場合、どこで借りるのが一番よいか迷いますよね。

少額融資でキャッシングをするなら、無利息期間のある消費者金融でお金を借りることをおすすめします。

各キャッシング会社の無利息期間と利用条件は次のとおりです。

金融機関名 無利息期間 利用条件
プロミス 初借入日の翌日から30日間 初めてプロミスを利用する方
明細書を「Web明細」にすること
プロミスへメールアドレスを登録すること
レイクALSA Web申込で初回契約日の翌日から60日間 初めてレイクALSAを利用する方
無利息期間経過後は通常金利適用
30日間無利息、180日間無利息と併用不可
Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方
借入額5万円まで初回契約日の翌日から180日間 初めてレイクALSAを利用する方
契約額1万円~200万円まで
無利息期間経過後は通常金利適用
30日間無利息、60日間無利息と併用不可
アコム 契約日の翌日から30日間 初めてアコムを利用する方
アイフル 契約日の翌日から30日間 初めてアイフルを利用する方

アコムアイフルは、契約日の翌日から30日間、借入金額の全額が無利息となります。

そのため、契約してからすぐにお金を借りなければ、遅れた分だけ無利息期間が短くなってしまうのです。

一方プロミスは最初の借入日から30日間が無利息期間。

つまりプロミスなら契約だけ先に済ませておいて、自分の好きなタイミングでお金を借りても、30日間きちんと無利息になるということです。

また、レイクALSAは他社にはない「5万円まで180日間無利息」のサービスも提供しており、「Web申込で60日間無利息」かどちらか自分に合う方を選ぶことができます(ご契約額1万~200万円まで)。

もし5万円をすぐに借りるなら、レイクALSAの「5万円まで180日間無利息」が断然おすすめです。

180日間あれば、5万円を全額返済できる可能性も高いですし、気持ちに余裕をもって返済できるでしょう。

※レイクALSAは貸付条件を必ずご確認ください

5万円借りるなら金利が低い銀行カードローンよりも消費者金融の方がお得

「銀行カードローンは消費者金融よりも金利が低いから、お金をかりるなら銀行カードローンの方がお得じゃないの?」

このように思う方もいると思います。

もちろん、金利が低い方が利息は少なくて済みますし、高額の借入の場合は銀行カードローンの方がお得と言えるでしょう。

ですが5万円という少額融資の場合、銀行カードローンと消費者金融の利息の差はあまり大きくないのです。

銀行カードローンの金利が年14%、消費者金融の金利が年18%である場合の利息の差を見てみましょう。

借入金額が5万円で、返済期間を12ヶ月とした場合のそれぞれの違いは次のとおりです。

銀行カードローン 消費者金融
金利 14% 18%
毎月の返済額 4,489円 4,583円
返済総額 53,865円 55,002円
利息 3,865円 5,002円

利息の差は1137円でした。

もし消費者金融の無利息期間を利用した場合、利息の差はさらに縮まります。

また毎月の返済金額によっては、消費者金融よりも銀行カードローンの方が支払う利息が多くなる可能性もあります。

例えとして、レイクALSA(5万円まで180日間無利息利用)と三井住友銀行 カードローンの最低返済額で比べてみましょう。

5万円を借りる場合、レイクALSAの最低返済額は毎月4,000円で、三井住友銀行 カードローン最低返済額は毎月2000円となります。

三井住友銀行 カードローン レイクALSA
金利 14% 18%
毎月の返済額 2,000円 4,000円
返済回数 30回 13回
返済総額 59,447円 51,537円
利息 9,447円 1,537円

三井住友銀行 カードローンは、レイクALSAよりも金利が低いですが、毎月の返済額が少ないことで返済期間が長くなり、レイクALSAよりも多くの利息を払うという結果となりました。

5万円といった少額融資の場合は、金利の差よりも毎月の返済金額が大きく影響するので、カードローン会社を選ぶときは参考にしてください。

パートやアルバイトでも借りれるの?5万円をすぐに借りれる人の条件

すぐに5万円を借りるなら、まず借りる人が一定の条件を満たしていることが重要です。

5万円程度の少額融資なら比較的審査に通りやすいと考えられますが、以下にあてはまる方はたとえ少額融資でも審査に通ることはできません。

  • 未成年
  • 収入がない方(無職、専業主婦)
  • 年金受給者
  • 信用情報に事故情報の記録が残っている方
  • 他社ですでに4社以上借り入れをしている方
  • 年収の3分の1以上の借り入れをしている方(消費者金融では借りられない)

基本的に収入がゼロの方はカードローンでお金を借りることはできません。

とくに消費者金融の場合、総量規制対象となっているため、年収の3分の1以上のお金を貸すことはできないのです。

つまり収入がゼロの方や、すでに年収に3分の1以上借りているという方は、消費者金融でのキャッシング契約ができません。

もちろん専業主婦も収入のない方となるので、消費者金融でお金を借りることはできません。

ですが主婦の方でもパートの仕事で毎月一定の収入がある方は、消費者金融でお金を借りることができます。

アルバイトをしている学生の方も同じく、毎月一定の収入があればキャッシング可能です。

5万円の少額融資なら、収入が少なくても比較的審査に通りやすいでしょう。 

今日中に5万円を借りるために知っておくべきこと7つ

「5万円をすぐに借りたい!」とお急ぎの方は、できるだけ審査がスムーズに終わるように、以下の7つの点に注意して申し込みをしましょう。

1. 銀行ではなく消費者金融で借りる

消費者金融なら最短即日の融資が可能です。

一方銀行カードローンは、規制の強化により即日融資は不可能となってしまいました。

そのため、お急ぎで5万円を借りたい方は消費者金融のカードローンでキャッシングすることをおすすめします。

2. 5万円だけ借りる

「必要なのは5万円だけど、どうせなら多めに借りたい。」と希望する融資の金額を多くして申し込む方もいます。

ですが希望融資金額を多くすることで、審査に時間がかかってしまう可能性があるのです。

余分な借り入れは審査に時間がかかるだけでなく、利息が増える原因になるので、必要な金額分だけ申し込むようにしましょう。

3. 申し込みは間違いや嘘が無いように慎重に記入する

申し込み時に必要事項を記入する際、間違いのないように慎重に記入しましょう。

名前や住所、連絡先、勤務先など少しでも間違いがあると審査に時間がかかる、もしくは審査に通らない可能性があります。

また審査に通りたいからと、他社の借入件数や借入金額、収入などで嘘の内容を記入することは絶対にしてはいけません。

これらの内容は信用情報機関で調べればすぐにわかることなので、嘘をついてもバレてしまいます。

4. 在籍確認ができるようにしておく

審査の際、申告どおりの職場で働いているか確認するために在籍確認を行います。

在籍確認は、キャッシング会社から職場に直接電話をかけて申込者本人が在籍しているかを確認するのが一般的です。

もし会社が休みで誰も電話に出ず在籍確認ができなかった場合、審査は一旦ストップし翌営業日に在籍確認がとれるまで審査結果が出ません。

つまり、すぐに5万円を借りたいけど、会社が非営業日で在籍確認がとれなければ、すぐにお金を借りることができないということです。

即日での融資を希望する方は、会社が営業している日に申し込むことをおすすめします。

会社が休みで電話での在籍確認ができない場合は、申込み時にその旨をキャッシング会社に相談ましょう。

場合によっては電話連絡以外の方法で在籍確認をすることができるかもしれません。

また、SMBCモビットのWeb完結なら電話連絡なしでのキャッシングも可能です。

5. 必要な書類を揃えておく

5万円を借りる場合、本人確認書類の提出が必要になります。

本人確認書類として認められているのは以下のとおりです。

キャッシング会社によって条件が異なる場合がありますので、申し込む前に必ず確認しましょう。

顔写真付きの本人確認書類いずれか1点 顔写真付きでない本人確認書類2点
運転免許証、運転免許証を持っていない方はパスポート、住民基本台帳カード、特別永住者証明書、在留カード、個人番号カード A:健康保険証、年金手帳、母子健康手帳
B:戸籍謄本(抄本)、住民票、住民票記載事項証明書等
※Aから2点、もしくはAとBから1点ずつ提出します。

6. 自動契約機で営業時間内にカードを受け取る

5万円をすぐに借りたい場合、Web申し込みをした後に近くの自動契約機で手続きをするとスムーズです。

自動契約機で手続きを済ますことができれば、その場でローンカードが発行されます。

カードを受け取れば、近くのATMですぐにお金を引き出すことができます。

ただし、自動契約機には営業時間があるので、注意が必要です。

自動契約機一覧 申込可能時間
プロミスの自動契約機 9時から21時
(※契約機により営業時間が異なる)
アコムの自動契約機 8時から22時
SMBCモビット(三井住友銀行ローン契約機) 9時から21時
(※営業時間は店舗により異なります。)
アイフルの自動契約機 8時から21時45分
レイクの自動契約機 平日・土曜日・祝日9時から22時
日曜日9時から19時
(※年末年始を除く、一部店舗により異なる)

※2020年3月現在

審査に時間を要するので、遅くとも受付時間の1時間前には申し込んでおきましょう。

7. 振込先の口座によっては24時間振込融資可能

プロミス、アコム、SMBCモビット、レイクALSAは振込融資にも対応しています。

あなたが持っている銀行口座によっては、24時間即日融資が可能な場合もあるので、確認してから審査を申し込むといいでしょう。

たとえばアコムは、楽天銀行の口座があれば24時間いつでも1分で振り込んでもらえます。

振込申請は基本的にインターネットからできますので、家にいながら5万円の融資を受けることができます。

振込融資ができるキャッシング会社

【まとめ】5万円が必要になったら無利息期間のある消費者金融がおすすめ

「今すぐ5万円が必要!でも誰にも借りることができない!」とお悩みの方は、消費者金融に相談してみましょう。

プロミスアコムアイフルレイクALSAなら無利息期間もあるので、初回の方は利息の負担も軽くなります。

5万円なら少額融資ですので、安定した収入があれば会社員はもちろん、派遣社員、アルバイト・パートで毎月一定の収入がある学生や主婦の方も申し込むことが可能。

ただし、信用情報に問題があったり、収入がまったく無いという方は残念ながら5万円でも借りることができません。

今日中に5万円を借りる場合はWebで申し込んだ後に自動契約機で契約するか、振込融資を利用するとよいでしょう。

5万円は少額ではありますが、借り入れの際は計画的にご利用ください。


レイクALSAの貸付条件

レイクALSA貸付条件

ページトップ
まずは審査する
閉じる