30日間無利息!土日祝日も即日融資OK!

即日振込みも可能!振込融資ができるキャッシング会社

キャッシングには「振込融資」といって、普段使っている自分の銀行口座にお金を振り込んでくれる便利なサービスがあります。

たとえば、次の日が携帯電話料金やクレジットカード、電気代・水道代・ガス代などの公共料金、家賃の引き落とし日にも関わらず、口座にお金がなければ残高不足となって引き落としされません。

そんな時、振込融資を利用すれば、自宅や職場にいてもその場で自分の口座へお金を振り込んでもらうことができます。

ローンカードを使う時のようにわざわざATMまで足を運ぶ必要がなくて、ネット環境さえあればいつでもどこでも口座にお金を振り込めるのが、振込キャッシングの最大のメリットです。

ここでは、銀行口座に振込融資をしてくれるキャッシング会社をご紹介します。

振込可能な銀行口座と即日振込ができる時間帯について

利用するキャッシングによっては、どこの銀行口座でも振り込みができる会社と振込先を限定している会社があります。

また、会社によってその日中に振込可能な時間も決まっています。

たとえば、アコムだと即日振込可能な時間は平日の9時から14時となっているので、今日中にお金が必要な方はその時間の間に振込申請を行ってください。

下の表ではそれぞれのキャッシングで振替可能な銀行口座と、即日振込可能に対応できる時間帯を記載しています。


キャッシング会社名 振込可能な銀行口座 即日振込可能な時間
プロミス 指定なし 原則24時間
アコム 指定なし 平日9時から14時30分
SMBCモビット 指定なし 平日9時から14時50分
レイクALSA 指定なし 平日9時から14時

土日・祝日などこの表に書かれている時間帯以外に手続きを行うと、基本的に振込をされるのは翌営業日になります。

しかし、次にご紹介するキャッシング会社は、振込先の銀行口座によっては土曜日・日曜日・祝日でもその日の内にお金を振り込んでくれます。

どうしても土曜日や日曜日、祝日にお金が必要な人は、以下の24時間すぐに振込融資ができるキャッシング会社を参考にしてみましょう。

24時間すぐに振込融資ができるのはプロミス、アコム

さきほど振込融資を受けられる時間帯に制限があるとご紹介しましたが、以下の表で紹介するのは、24時間すぐに振込融資を受けられる銀行口座と、実際にお金を振り込まれるまでの時間です。


キャッシング会社名 即時振込できる銀行口座 振込されるまでの時間
プロミス 三井住友銀行やPayPay銀行をはじめとした、全国約200の金融機関 最短10秒
アコム 楽天銀行口座 最短1分

このように、いつでも即時融資を受けられる金融機関は決まっているので注意してくださいね。

振込申請を行う方法は基本的にインターネットから

振込申請はキャッシング会社によって少しづつ異なりますが、基本的にインターネットから行います。

キャッシング会社の会員サイトやインターネットバンキングから振込手続きができます。

手続きには場所を選ばないというは大きなメリットとも言えるでしょう。

ローンカードの受け取り方には気をつけよう

無人契約機にカードを受け取りに行くのが面倒だったり、キャッシング会社の店舗内に入るのが恥ずかしい人が、振込融資を利用することが多いです。

確かに振込融資はインターネットで全て手続きができるので、誰にも知られないというメリットがあるりますが、カードを受け取りに行かないと自宅に郵送されてきます。

もし誰かと一緒に暮らしていれば、最悪の場合お金を借りていることがバレてしまうこともあるため、誰にも知られたくない人はプロミスかSMBCモビットを利用すると良いでしょう。

プロミスとSMBCモビットは、借入方法を振込キャッシング限定にすることでローンカードの受け取りをなしにできる「カードレスローン」というサービスがあります。

本来発行されるはずのカードをなしにすることができるので、誰にもバレずにお金を借りられます。

さらにプロミスは、SMBCモビットと違い24時間即日融資も可能です。

誰にもバレないで、すぐに自分の銀行口座へお金を振り込んで欲しい人はプロミスをおすすめします。

ページトップ
まずは審査する
閉じる