30日間無利息!土日祝日も即日融資OK!

金利の低いキャッシング一覧!低金利で借入をして利息を抑える方法

お金を借りるなら、「金利が低くて利息の抑えられるところで借りたい」とほとんどの人が思われるでしょう。

一番利息が安くなるのはみずほ銀行カードローンイオン銀行カードローンです。

低金利かつすぐにお金を借りたいなら三井住友銀行 カードローンがおすすめです。

また低金利の銀行カードローンだけではなく、無利息サービスを利用したり、返済方法によってはさらに利息を安くすることができます。

ここでは、各キャッシングの金利の比較と利息を抑える方法をご紹介します。

上限金利(最高金利)を見て金利の比較をすること

各カードローンの金利には「下限金利(最低金利)」「上限金利(最高金利)」というものが定められており、その範囲内で申込者の属性や信用度に合わせた利率が決められます。

しかし、お客様自身が金利を選択することはできず、年収や返済能力などを審査基準としてキャッシング会社が与信判断を行います。

キャッシング名 下限金利 上限金利
みずほ銀行カードローン 年2.0% 年14.0%
イオン銀行カードローン 年3.8% 年13.8%
三井住友銀行 カードローン 年1.5% 年14.5%
三菱UFJ銀行カードローン 年1.8% 年14.6%
プロミス 年4.5% 年17.8%
アコム 年3.0% 年18.0%
SMBCモビット 年3.0% 年18.0%
アイフル 年3.0% 年18.0%

下限金利は、各金融機関でキャッシングをするときに最も低く設定されている金利のことです。例えば、みずほ銀行カードローンの場合は下限金利が2.0%になります。

その下限金利だけを見ていくと、三菱UFJ銀行カードローンは年1.8%になるため、みずほ銀行カードローンよりも金利が低く感じるでしょう。

しかし、金利というものは借入限度額によって大きく左右されて、借りられる金額が高くなるほど金利は下がっていきます。

100万円や200万円といった金額を借りようと思うと、600万円や700万円の高額な年収や長年の返済実績などが審査基準となるため、下限金利が適用されるのは難しいです。

そのため、初めてキャッシングをするという人は上限金利(最高金利)を比較すべきです。

上限金利を比較するとイオン銀行カードローンが最も低いことがわかります。その次にみずほ銀行、三井住友銀行という順で低金利になります。

さらに、みずほ銀行カードローンと三井住友銀行 カードローンは住宅ローンを利用していればさらに金利が下がるためお得です。

みずほ銀行カードローンは通常よりも0.5%、三井住友銀行 カードローンは最高1.0%まで下がります。

低金利でお金を借りたいという方は、みずほ銀行カードローンがオススメです。

また、三井住友銀行 カードローンにはローン契約機(自動契約機)があるので、今日中にお金を借りることができます。

低金利で即日融資も受けたいという方は三井住友銀行 カードローンがオススメです。

無利息キャッシングを利用すれば銀行カードローンよりも利息が低くなる

このように上限金利を見ていくとプロミスやアコム、SMBCモビット、アイフルなどの消費者金融よりも、みずほ銀行や三井住友銀行のような銀行カードローンの方が全体的に金利が低いことが分かります。

そのため、利息を抑えるためには銀行カードローンしかないと思えますが、借入額や借入期間によっては金利の高い消費者金融でも利息を抑えることができます。

それは消費者金融のプロミス、アコム、アイフルには、利息なしでお金が借りられるサービスがあるからです。

この一定期間は利息が0円でお金が借りられるサービス「無利息キャッシング」を利用することで、銀行カードローンよりも利息を抑えることができます。

しかし、この無利息キャッシングはどこの会社も「はじめて無利息サービスを利用する人限定」になっているため、過去に一度でも借りたことがある人は使えないのでご注意ください。

毎月の返済額によって利息を抑えられる

低金利の銀行カードローンや無利息キャッシングを利用したからといって、必ずの利息を抑えられるというわけではありません。

利息は金利だけではなくて毎月の返済額によって大きく変わるからです。

例えば、三菱UFJ銀行カードローンから10万円を借りたとして、毎月5,000円ずつ返済をするとトータルの利息は15,145円になり、毎月10,000円ずつ返済をしていくと利息は9,158円になります。

このように金利が同じでも、毎月の返済額が多ければ支払う利息は抑えられるので、お金に余裕があるときは少しでも多めに返済をすべきです。

延滞や滞納をするとどのキャッシングも高金利になる

消費者金融や銀行によって適用される金利は異なりますが、滞納や延滞をするとどこも利息制限法ギリギリの20.0%近くまで引き上げられます。

例えば、低金利のみずほ銀行カードローンでも返済が遅れると遅延損害金として金利が19.9%になります。

返済日の翌日から遅延損害金は適用されるため、返済が遅れる人は返済期日までにキャッシング会社の担当者に連絡をしてください。

状況によっては返済日を引き延ばしてくれたり、返済額を特別に安くしてくれたりなど救済措置を取ってくれる可能性があります。

しかし、一度でも遅延すると信用度は下がってしまうため、忘れずに毎月返済するようにすることが大切です。

ページトップ
まずは審査する
閉じる