30日間無利息!土日祝日も即日融資OK!

いくらまで借りられる?キャッシングするときの借入限度額

それぞれのキャッシング会社には「借入限度額」と言って、借りることができる上限金額が設定されています。

この上限金額を見た時、誰でも借入限度額まで借りられると思えそうですが、実は利用者によってキャッシングできる金額は異なるのです。

「一体、自分はいくらまで借りられるのか?」とお悩みの方のために、ここではキャッシング会社の借入限度額についてご紹介します。

限度額がもっとも高いのはみずほ銀行カードローン

以下の表に書いてあるとおり、キャッシング会社によって異なる借入可能額の中でみずほ銀行カードローンの限度額がもっとも高く、最高1,000万円までと設定されています。

しかし、みずほ銀行カードローンから1,000万円も借りられるのは、ほんの一握りに過ぎません。

カードローン名 借入限度額
プロミス 1~500万円
アコム 800万円
SMBCモビット 800万円
アイフル 500万円
三井住友銀行 カードローン 800万円
イオン銀行カードローン 800万円
みずほ銀行カードローン 最大800万円

借入限度額というものは基本的に審査によって決められます。

申込者の年齢や年収、勤務形態、家族構成、他社借入額などを見て、どれくらいの返済能力があるかを評価し、返済能力が高ければ限度額も高めに設定され、反対に返済能力が低ければ限度額も低くなったり貸付不可と判断されます。

たとえば、年収200万円の人より年収500万円の人のほうが返済能力が高いと判断されるため、年収500万円の人の方が借入限度額は高く設定されるのです。

消費者金融の限度額は年収を基準に設定される

消費者金融からお金を借りる時は、特に自分の年収が限度額を決める時の重要なポイントになります。

なぜなら、消費者金融の最高限度額は年収の1/3までと「総量規制」で決められているためです。

総量規制とは年収によって最高限度額を制限する規則のことです。

たとえば、年収300万円の人が消費者金融から現金を借りる時は、年収の1/3の100万円までしか借りられません。

以下の表には年収と総量規制が適用された時の限度額を記載してあります。

年収 最高限度額
100万円 33万円
200万円 66万円
300万円 100万円
400万円 133万円
500万円 166万円
600万円 200万円
700万円 233万円
800万円 266万円
900万円 300万円
1,000万円 333万円

総量規制は、消費者金融のカードローンだけでなく、信販会社のクレジットカードのキャッシング枠にも適用されます。

もし最大借入限度額が100万円の時、クレジットカードのキャッシング枠で30万円を借りていたら、カードローンは70万円までしか借りられません。

このように、クレジットカードの利用額によってカードローンの限度額は変化するのです。

借入希望額が年収の1/3を超えそうなら銀行カードローンをご利用ください。

初めてお金を借りる人の限度額は10万円程度

最初からキャッシングの融資限度額が50万円や100万円といった高額融資になる人はほとんどいません。

借入したてはまだ信用度が低く、年収が500万円や800万円といった高所得の人でも、最初の借入限度額は10万円程度だったりします。

50万円や100万円といった高額融資をしてもらうためには、増額をするか、また別のキャッシング会社の審査を受けるという2つの方法があります。

増額するには信用をあげていくことが大切

増額するためには、まず滞納や延滞をすることなく毎月必ず返済をして、取引実績を上げていくことが基本です。

また、返済する時は返済期日より少しでも早く、最低返済額よりなるべく多くの金額を返済していくと信用を上げるポイントになります。

明確な基準はありませんが、信用を上げ始めてから3ヶ月か半年くらいで増額の審査を受けれるようになると言われています。

もし自分から増額の申請をしなくても、キャッシング会社側に「返済能力が高いから増額しても大丈夫」と判断されれば、融資限度額の増額に関する連絡が来ることもあります。

増額の審査を受ける時は収入証明書が必要か確認をすること

融資限度額を増額する時は必ず再審査があります。ただし、初回申込時のように個人情報を書いたり、無人契約機まで足を運ぶ必要はありません。

限度額を引き上げたい方は、各キャッシング会社に電話で申請をすれば、その場ですぐに担当者が借り入れ可能か審査をしてくれます。

ただ、もし融資限度額が50万円を超えるなら、消費者金融では必ず収入証明書が必要になります。

これは「貸金業法」という法律によって、消費者金融から借りる金額が50万円を超える場合、収入証明書の提出が必須だと決められているためです。

この貸金業法も総量規制と同じで消費者金融にしか適用されません。

借入金額が50万円以上になりそうな人は銀行カードローンを選ぶと良いでしょう。

銀行カードローンによって収入証明書が必要になる限度額は異なるので、増額する時は事前に収入証明書が必要になる金額を確認しておきましょう。

以下の表に、それぞれの金融機関の収入証明書が必要になる借入限度額を記載しておきます。

カードローン名 収入証明書が必要になる限度額
プロミス 50万円を超える場合
アコム 50万円以上

もしこれ以上お金を借りる必要がなくても、利用可能額を増額することで金利(借入利率)を下げて、返済負担を軽くすることも出来ます。

それは以下の表のように、「利息制限法」という法律によって限度額に対する金利が決められているためです。

限度額 金利
10万円未満 20%以下
10万円以上100万円未満 18%以下
100万円以上 15%以下

たとえば、限度額が10万円未満なら金利は20%以下と定められていて、限度額が10万円以上100万円未満になれば金利を18%以下に引き下げることができます。


初めてお金を借りる人は借入限度額が10万円程度に設定されることがほとんどです。

そこから毎月遅れずに返済を続け、信頼を積み重ねていくことで増額をすることができるようになります。

増額すると借りられる金額が増えるだけでなく、金利も下げられるといったメリットもあります。

反対に、滞納や延滞を繰り返して個人信用度がなくなると、融資額を減額されたり、最悪の場合利用停止になることもあるので、毎月必ず返済することを忘れないでくださいね。

ページトップ
まずは審査する
閉じる