30日間無利息!土日祝日も即日融資OK!

キャッシング枠を増額(増枠)したい!借入限度額(極度額)を増やす方法

借入限度額(極度額)の全額までキャッシングをしても、まだお金が必要という方もいますよね。

さらに追加融資を求めている方は「利用限度額の増額(増枠)」「キャッシングの新規申し込み」を行えば、借入金額を増やすことができます。

新規申し込みと同じく限度額を引き上げる時も審査が必要で、具体的な審査基準は公表されていませんが、以下の条件に当てはまる人は増額審査に通りやすいと言われています。

    【増額審査に通りやすい人の条件】

  • 毎月の返済日までに返済している
  • 半年以上の利用実績がある
  • 新規で別のカードローンから借入をしていない

反対に、下記の条件に当てはまる場合は追加融資を受けるのは難しいでしょう。

    【増額審査に通りにくい人の条件】

  • 6ヶ月以内に増額の審査に落ちている
  • キャッシングの利用開始してからまだ半年以内
  • 滞納や延滞をしている

上記の「増額審査に通りやすい人の条件」に当てはまる人は、増枠審査に申し込むタイミングによってはより審査に通過する可能性が高くなります。

キャッシング枠の増額審査に申し込むタイミング

増額をするには、主に以下の2つのタイミングがあります。

  • 消費者金融や銀行から増額のご案内がメールか郵便で届いた時に申し込む
  • 自分が必要な時に増額審査を受ける

お客様がお金を必要とする時に申し込めばいいのですが、一般的に「キャッシング会社から増額のご案内が届いた時の方が審査に通りやすい」と言われています。

キャッシング会社は普段から、債務者の借入や返済歴、住宅ローンや自動車ローンを利用している方ならその債務歴を確認しています。

それらの利用歴に問題がなく、毎月の返済期日までに返済をしており、追加融資をしても滞納する可能性が低いと判断されると増額のご案内が届くのです。

つまり、増額の通知が来た時は、キャッシング会社からの信用度が高く審査に通りやすい状態だと言えますね。

もちろん、増額のご案内が来ていなくても、審査の結果、毎月滞らず返済できると判断されれば追加借入を認めてくれますが、増額のお知らせがある人の方が審査に通過する可能性は高いでしょう。

利用者の債務状況によって異なりますが、増額のご案内は利用開始から半年か1年ほどで通知が届きます。

借入限度額を増やすには収入証明書の提出が必要になることもある

各カードローンには、以下の表のように収入証明書の提出が必要になる金額が求められています。

例えば、プロミスの場合は借入希望額が50万円を越える方は収入証明書の提出が必要です。


キャッシング会社名 収入証明書の提出が必要な金額
プロミス 50万円を越える場合
他社との借入限度額の合計が100万円を越える場合
アコム 50万円を越える場合
他社との借入限度額の合計が100万円を越える場合
アイフル 50万円を越える場合
他社との借入限度額の合計が100万円を越える場合
レイクALSA 50万円を超える場合
他社との借入限度額の合計が100万円を越える場合

限度額を増額するということは、借入金額が上記の規定の金額を超える可能性が高いため、収入証明書の提出を求められるでしょう。

そのため、増額後の借入金額が収入証明書の必要な金額を超えている方は、あらかじめ会社の経理課や市役所等で、給与明細書や源泉徴収票、所得証明書などを用意しておくと、スムーズに手続きを終わらせることができますよ。

消費者金融の増額審査に申し込む人は年収に注意

消費者金融で借りている人は、自分の年収と借入限度額に注意が必要です。

消費者金融は、年収の3分の1までしか借りることができないと「総量規制」で決められているためです。

そのため、消費者金融を利用している人は、増額したい金額が年収の3分の1以内に収まるかどうか事前に確認をしてから、増額の申請を行ってください。

もし借入額が年収の3分の1以上になる方は、また別の消費者金融や銀行カードローンに申し込みをされることをオススメします。

一方、銀行カードローンは年収で借入可能額が制限されることはありませんので、審査で返済能力があると認められれば希望通りの金額を追加融資してもらえるでしょう。

限度額(極度額)の引き上げが難しい人は、別のカードローンに新規申込をする

以下の条件に当てはまる人は、限度額の増額をするよりも他のカードローンに新規申し込みをする方がお金を借りられる可能性が高いです。

  • 申し込んでから半年以内
  • 年収の3分の1近くのお金を消費者金融から借りている

上記の条件に当てはまり、新規申し込みをされる方の中でも特にお急ぎの方は、審査スピードの早いカードローンに申し込むといいでしょう。

今すぐ追加融資を受けたい人は審査の早いカードローンに申し込む

プロミスSMBCモビットアコムアイフルレイクALSAなどの消費者金融なら、最短30分で審査結果が回答されるので、申し込んだその日のうちにお金を借りられます。(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)

ただし、増額後の借入金額の合計が100万円を超える人は、消費者金融よりも銀行カードローンへの申し込みをオススメします。

消費者金融は、借入額の合計が100万円を超える場合は収入証明書の提出が貸金業法によって義務付けられているためです。

仮に、現在60万円のほどの借入があって、さらに追加で消費者金融のプロミスからお金を借りて合計が100万円を超える人は収入証明書を用意しないといけません。

もし、手元に収入証明書がなくてもすぐに追加でお金を借りたいという人は、貸金業法が適用されない銀行カードローンの方がスムーズに手続きを進められるでしょう。

すでに2社や3社から借りていて増額ができない人はおまとめがオススメ

すでに2社や3社からお金を借りている人は、1社の金融機関に借入をまとめることをオススメします。

それは他社借入件数の多い人ほど、新規申し込みの審査に通りづらくなるためです。

借入先が複数社あるということは、毎月何回も返済日があって、借金の管理が大変になり、うっかり返済日を忘れて返済が滞る原因にもなります。

そうしたリスクを考えて、キャッシングの審査では他社借入件数も審査基準に含めて、借入件数が多い人ほど審査に通りづらくなります。

そのため、すでに何社も借りている方は、1社に借金をおまとめして借入件数を減らす方が信用度低下を防ぐことができるでしょう。

審査を受けて、返済能力があると判断されれば、おまとめに必要な金額よりも多めに借入限度額を設定してくれるため追加借入も可能ですよ。

ページトップ
まずは審査する
閉じる